まな板の上の龍

その日、みたやつ、よんだやつの記録と感想。50点を平均点、普通に見られる作品として評価しています。

六人の嘘つきな大学生|書評

メガITベンチャーの新卒採用の最終試験に残った6人が内定をかけてグループディスカッションを行うのですが、その内容が「内定に最もふさわしいと思う1名を全員で決める」というもの。内定枠は1枠。これはもはや就活という皮を被ったデスゲームです。

採用試験から最後の結末までとてもよかったです。描写のうまさや、唸るような展開はなかったですが、就活という非常に一貫したテーマで言いたいことを上手く描ききったなという感じがしました。

評価:65点